和歌山 港 線。 南海和歌山港線

南海和歌山港線(和歌山港〜水軒駅)の廃線跡

線 和歌山 港 線 和歌山 港

♨ 無人駅だが、列車発着時は改札前で南海フェリーの社員が乗り換えなどの案内を行う。 和歌山市 - 県社分界点(旧・久保町)間 0. (5年) - から、県道和歌山港線が和歌山港線として主要地方道に指定される。 (同上) 過去の接続路線 [編集 ]• 南海和歌山港線(なんかいわかやまこうせん)は、和歌山県和歌山市の和歌山市駅から和歌山港駅までを結ぶ、南海電気鉄道の鉄道路線。

12
土曜・休日の急行が廃止に。

南海電鉄/和歌山港線の駅の設備一覧表

線 和歌山 港 線 和歌山 港

💋 和歌山港駅に到着する普通列車 基本情報 国 所在地 起点 終点 駅数 2駅 路線記号 NK 開業 全通 部分廃止 途中駅廃止 所有者 (和歌山市 - 県社分界点間 第1種鉄道事業者) (県社分界点 - 和歌山港間 第3種鉄道事業者) 運営者 (和歌山市 - 県社分界点間 第1種鉄道事業者、県社分界点 - 和歌山港間 第2種鉄道事業者) 、同区、 同区和歌山出張場 使用車両 、、、、、、、、 路線諸元 路線距離 2. 2階に改札口とコンコース、3階にホームがある。 日に2回しかない旅客列車のために長々と営業を続けていた。 南海電気鉄道():• 南海電気鉄道()・和歌山県():• 和歌山港駅(初代)を移設の上、築港町駅に改称。

9
和歌山港-水軒 間 には1日にたったの 2往復 しか列車がなく、 2002年5月 に 廃止 になってしまったのでした。

和歌山県道16号和歌山港線

線 和歌山 港 線 和歌山 港

🙂 この石堤はここから北へ800mの交差点改良工事により発見された水軒堤防の一部を移築保存した物です。

7
また、水軒駅発着の線内折り返し普通列車は1日2往復(午前・午後にそれぞれ1往復)のみであった。 南海本線の大阪方面からの列車は当駅折り返しが大半だが、特急「サザン」と急行の一部のみ和歌山港線に乗り入れる。

南海和歌山港線とは

線 和歌山 港 線 和歌山 港

😇 この列車は、ここから 和歌山港線 に乗り入れていきます。

8
駅舎も券売機もない、道路から見ると駅にすら見えないかもしれない。

南海和歌山港線とは

線 和歌山 港 線 和歌山 港

😒 沿線には企業の工場や官公庁の施設が多い。 もちろん、乗車するのは今回が初めてです。

3
(31年):和歌山市駅 - 和歌山港駅(初代、後の築港町駅)間が開業。 無人駅から和歌山市駅を跨いで同駅以北の南海線および線各駅に乗り継ぐ場合 無人駅からそのまま乗車し、和歌山市駅到着後オレンジ色の乗車駅証明書発行機から各駅ごとに示された乗車駅証明書を取り出し、それで中間改札を通り抜け、南海本線または加太線に乗り換える場合はそのまま乗り換えの列車に乗車し、最終的に降車駅に設置されているのりこし精算機で運賃を支払い(「スルッとKANSAI」共通カードでも有効)、発券された出場証を自動改札機に投入し、出場。

廃線探索 南海和歌山港線(和歌山港駅

線 和歌山 港 線 和歌山 港

⚡ 旅客列車は和歌山市駅から和歌山港駅までは難波駅と直通する特急・急行を含め多数運転があるものの、当駅まで運転される列車は開業当初から和歌山市駅からの1日2往復(朝9時と昼15時、平日も休日も同時刻[1])しかなかった。 なお、中間無人駅で下車せずに和歌山市駅 - 和歌山港駅間を乗車する場合は、磁気カードがそのまま使用できた。

10
(和歌山市)の「臨港地区」節、および(和歌山県)を参照。 歴史 [編集 ] 水軒駅に停車中の電車 南海四国航路が開設された(昭和31年)に和歌山市駅 - 和歌山港駅(初代、後の築港町駅)間が開業し、(昭和46年)には和歌山港の移転と和歌山県が計画した木材輸送のため築港町駅 - 水軒駅間が延長された。

南海電鉄 乗りつぶし (2日目) (2) -和歌山港線-

線 和歌山 港 線 和歌山 港

❤️ なお、普通列車に使用される電車はと共通運用されている。 和歌山市駅: - 1971年3月31日まで 脚注 [編集 ] []• [ リンク切れ] - 南海電気鉄道、2012年9月29日閲覧 関連項目 [編集 ]• 南海フェリーへの連絡駅としては、1956年(昭和31年)に開業した初代和歌山港駅(後の築港町駅)が存在していた。

16
島式ホーム1面と櫛形ホームによる3面6線(現在は3面5線のみ使用)の駅で、2・3・6番線は行き止まりになっており、4・5番線のみが和歌山港へ通じている。 このような構造を持つ堤防の類例は無く、当時の土木技術や紀州藩政史を知る上で大変貴重な資料です。