Rg ν ガンダム。 RG νガンダム チタニウムフィニッシュ素組レビュー

RG νガンダムレビュー

ガンダム rg ν ガンダム rg ν

🤭 マシーネンの横山先生に教えてもらい使ってみました。 2ライン構造で、複数パーツの組み合わせによって密度感ある造形が再現されています。

14
個人談 頭部はシャープな表現に 耳周りのダクトをペーパーヤスリで薄く加工。 Ka用フィン・ファンネル拡張セットに付属の台座と支柱を使ってファンネルをディスプレイ。

「RG νガンダム」は今年の最高傑作ガンプラだ! 組み立ててわかった衝撃の完成度

ガンダム rg ν ガンダム rg ν

🤔 唯一残念に思っていた顔がイケメンになってるのが一目瞭然です。

8
取り付け部分は一箇所のみですが、スイング可能なので向きの調整も出来ます。

【ガンプラ】RG νガンダム レビュー

ガンダム rg ν ガンダム rg ν

😔 裏打ちパーツはHGUCよりも幅広でしっかりとした作りに。 うーむ、パーツ表面のディテールが何やらスゴイことになってますね...。 写真は付属している全てのマニピュレータです。

背中に背負ったフィンファンネルは、ファンネル6基が集まって構成されています。

「RG νガンダム」は今年の最高傑作ガンプラだ! 組み立ててわかった衝撃の完成度

ガンダム rg ν ガンダム rg ν

😊 武器類も一通り揃っていますし、HWSを取り付けるための構造も作られています。 持ち手にはスイング軸があり角度が付けられます。

2
内部フレームのみの状態で全身から。 写真はイエローのI1ランナーです。

RG νガンダム レビュー

ガンダム rg ν ガンダム rg ν

🙂 本モデルは、4,536円(税込)という価格しか詳細が決まっていないが、本稿では、東京・お台場にある公式ガンプラ総合施設「ガンダムベース東京」にて展示されている試作品を紹介する。 期待を裏切られるようなことはないと思います。 写真は胸部を横から見たところです。

19
脹脛の装甲もスライドし、HWSを取り付けられそうなジョイントが出てきます。 軸を調整……といっても下手に削ると今度はユルユルになりかねないですし、そこだけちょっと用心した方が 良さそうですね。

RG νガンダム 面出しとエッジ出しで製作してみた

ガンダム rg ν ガンダム rg ν

😅 RGガンダム&サザビーと並べて大きさ比較。 (鼻のへ型はスリットではなく、ミゾで再現ですが強度の問題からこのスケールでは、こちらのほうがいいと思います。 シールドのデザインも変更されています。

20
中央部にはMGのような十字接続箇所があります。 これを見るとフレームの表面は、かなり細かなディテールが再現されています。

ガンプラ RG νガンダム 塗装完成

ガンダム rg ν ガンダム rg ν

😇 配色はRGなのでもちろん細部まで再現され黄色の細かいダクトなども別パーツ化されています。 いつも通りパイロットなどの造形はありません。 腕部内部フレーム。

15
左右に大きく動きます。 腕は比較的シンプルな構成ですが、肩のパーツ分割は面白いですね。

RG νガンダム用 HWS拡張セット レビュー

ガンダム rg ν ガンダム rg ν

😅 ファンネルのピンなどもしっかりしていて可動も優れている扱いやすいキットでした。 墨入れのみでも充分かっこいいのではないかと思います。 フル装備状態です。

3
内部のバーニアは簡単な作りで、MGのような別パーツでの色分けなどはされていません。