ブランデンブルク 協奏曲。 バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番【2枚の名盤を解説】トランペットの明るい語りを受け入れよう!

ブランデンブルク協奏曲

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

💔 アリス・アーノンクール(Vn)、ヘルベルト・タヘッツィ(cem)、レオポルト・シュタストニー fl 、フリーデマン・インマー tp など。 演奏によってはチェンバロによって短い即興的な楽句が挿入されているものもあります。

12
のだめでおなじみベートーヴェンの7番です。

ブランデンブルク協奏曲

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

🤝 なお、この SCRIBENDUM盤では、第5番の第3楽章冒頭のアウフタクトの1音が抜けている(国内盤ではどうだか知らないが)。 遅くて訥々と区切れるように感じ、もう少しスムーズに行ってくれた方が自然なんじゃないかなあと思えた 部分は例えば第1番の第四楽章など一部にあります。

8
また大バッハ以前にもバッハ一族には多くの音楽家が出ており、大バッハの子供からも3人の音楽家が育っています。

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番【2枚の名盤を解説】トランペットの明るい語りを受け入れよう!

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

⚓ 作曲時期については色々な説があってはっきりし ないところもあり、また呼び名や曲の成り立ちについ ては方々で詳しい解説がされていることもあり、ここでは深く立ち入らないことにします。

19
楽章の後半部分でぐっと速度を落として行く曲もあ りますが。 ここはこう区切 ろう、と いうように頭で考えた進行を感じさせるので はなく、前もってそう考えているに決まってはいても、ちょっと文学的に過ぎる言い方ですが、音が自らそう鳴りたがっているように気持ち良くつながって抑揚 を持って行く、そういう自然な進行が感じられるのです。

ブランデンブルク協奏曲 名盤聞き比べ(CD比較)

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

😚 バッハ『 第1番 BWV1046』 Brandenburg Concerto no. 、という名前の由来にもなりますが、前回触れたように、バッハは ケーテンの宮廷楽長時代、音楽好きの主君から優れたオーケストラを与えられ(バッハが優れたオーケストラにした、の方が正しいかもしれませんが)、思う存分、様々な曲を作曲しました。 CD層は今回のシリーズと同様に、SACD層とは別に、アナログ・マスターから最新 2016年 でデジタル化 44. 商品の情報 シューリヒト生涯最後のスタジオ録音であるブランデンブルク全曲が待望のSACD化! この年の一連のコンサートの最初の日で、プログラムは、この後さらに木管団員ソロによるモーツァルトのをはさんでメインはであった。

13
前年の1965年12月には旧EMIレーベルでウィーン・フィルとブルックナーの交響曲第3番の録音を終えた後、'66年はさらに体調が思わしくないなかにあっても、この録音は精力的に行われ、とりわけ素晴らしいソリストたちとの共演はシューリヒトに充実した時を与えたようです。 第2番でのフルート担当のロジェ・ブルダン 録音当時37歳 、第3番トランペット受持ちのモーリス・アンドレ 同27歳 等各独奏者もまだ若い頃の出演ですがしっかり分責を果たしております。

ブランデンブルク協奏曲とは

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

🤐 メンバーは、アレッサンドリーニ自身によるcemb、Laura Pontecorvo fl 、Francesca Vicari Vn など。 乗り換え駅で電車を降りて、ほんのひとにぎりの力を、やっとの思いでひねり出し、次の電車に乗り込みます。

3
時には同じリズムを刻み、時には掛け合いながら生き生きと推進力を感じる音楽を奏でます。

ブランデンブルク協奏曲全曲 バウムガルトナー&ルツェルン弦楽合奏団(2CD) : バッハ(1685

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

👎 しかし時期 がまだ早いために、そのスタイルがまだ完全には確立されていないのか、あらためて聞くと意外と素直なイントネーションに聞こえます。 フライブルクの乾いて揃ったアンサンブルというのともまたちょっとベク トルの違う上手さだと思います。 コンラート・ヒュンテラー Fl 率いる18世紀オーケストラの奏者達のグループである。

5
それでも ホールトーンの乗ったきれいな音であること には変わりがないです。 当時既に著名であったモーリス・アンドレやハインツ・ホリガーなど錚々たるメンバー表は、今見ても圧巻の一言。

ブランデンブルク協奏曲

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

❤️ 次にご紹介する動画ではこのオリジナルの編成で演奏されています。

18
当シリーズでは初発売。

バッハ「ブランデンブルク協奏曲第3番」【解説と名盤】

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

👐 2001年末に、リステンパルトのバッハ録音集6枚組BOXが96kHz-24bitリマスターされて発売されたのを入手。 格調高く、また品のある1枚。

ここではバッハの「ブランデンブルク協奏曲」の解説と名盤を紹介したいと思います。

バロックトランペットでブランデンブルク協奏曲2番

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

😔 指揮のサヴァールは、第6番でBasso di Violaを弾いている。 そしてこの演奏の一番の特徴は使っている楽譜にあるようです。

8
オーストリーのアーノンクール(本人はチェコの血も引くドイツ生まれ)も同じくこの運動立ち上 げの世代ですが、彼は演奏スタイルがものによって変わるので後述します。 ヴァイオリン・ソロはパヴロ・ベズノシウク(フルート奏者として管弦楽組曲第2番のソロを多く吹いているリザ・ベズノシウクとの関係は不明)。